09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.05 (Tue)

零地獄


うおー

曲作りが全然進んでません。
アルバム作りとかそろそろはじめなきゃと思うのですが。

最近どうにも曲のイメージが沸かずスランプなのですが、製作が止まってるのはもう一つ理由がありまして。
以前の投稿でも書いた「零」っていうゲームにめちゃくちゃはまっているという。。。

あれから「零 ~月蝕の仮面~」をいたく気に入ってしまい引き続き遊んでいたのですが、このゲーム前作がPS2で3本出ているシリーズだということが分かりまして、

プレイしたい!
でもPS2持ってない!
しかしやっぱりやってみたい・・・!
その結果・・



友人からPS2を借りてソフトを買うという暴挙に出ました。


どんだけ好きやねん。
というわけで「紅い蝶」という2作目をやってます。というか2週目もやって用意されたエンディング全部見て一段落しちゃってるという。「零」の世界観がだんだん分かってきたのでたぶんこの作品も陰のあるお話だろうなと思ってましたが、これはまた随分と悲しい話でした。悲しくも美しい。こういう雰囲気大好きです。HARDエンドの最後の微笑みの狂気といったら・・!
このシリーズ、派手なストーリー展開があるというより部屋で見つけた故人の日記とかを見て「あぁ、こういうことだったのか・・」と思い耽るタイプのゲームなんですが、この妄想して話を補完する感じが自分は好きなんだろうな。
しかし何といってもこのゲーム異常に恐いので一回に長時間できません。

そんなわけで最恐と噂される一作目にも手を出そうかという勢いです。うわーでも恐いのはもう嫌だしもう少し待つか。
とか思ってたら来年wiiでまさかの最新作が出るというニュースが出ました。

誰かが俺を嵌めようとしているのか・・
23:25  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.09.02 (Thu)

恐怖ポイント

「零 ~月蝕の仮面~」クリアしました。
というかやり始めて5日くらいでクリアしてたんですが、何せ怖い一心でダッシュしまくり、ふんだんにある隠し要素をガン無視で敵に突撃という具合で駆け抜けましたよ。
個人的にはかなり面白かったです。物語の舞台背景がときどき落ちてるメモでぼんやり提示されてるのが好きです。この感じ、以前ハマッた「洞窟物語」と共通するところがあるかも。

結構ネタバレになるかもしれないですがこのゲーム、舞台が館からスタートして廃病院へ、そして後半洞窟とか日本家屋へ移っていくんです。で自分は圧倒的に館と病院のほうが怖く感じた。後半になると非現実的になっていくからか、あんまり怖くなくなって「よっしゃー怨霊来いやー」っていう気分になったりしました。特に病院はほんと怖かった。手術室とか・・
「身近な風景で、夜に暗くて誰もいない」っていうのが自分にとって恐怖を感じるポイントなのかもしれません。


逆のパターンで思い出したんですけども、
近未来が舞台のゲームって、よくラスボス手前で突然呪術的もしくは生物組織がうごめく感じになるじゃないですか。小さい頃アレが凄く怖かった覚えがあります。科学で割り切れないもの、という点で得体の知れない不気味さを感じるのかな。


曲のほうは休み休み作っております。今のところ2曲進行中です。
最近は他の方に比べて自分の音が全然だめだなぁーと痛感しつつ、何が足りないのか良く分からんまま音をいじったりしている日々。とりあえずリズムが薄すぎることは明らか・・!

00:33  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.08.12 (Thu)

ひんやりお盆

少しご無沙汰してましたが、何事もなく日常は続いております。

前回の日記で怖いゲームのことを書いたんですけども
あれからどうにもゲームのことが気になり、でも一人でプレイするのも気が引けたので1週間くらい我慢してみましたが、それでも気になったので覚悟を決めて友達から借りました。

そして今やっております。
怖ぇ・・
怖いけど面白いけど怖ぇ・・

隠し要素がかなりありそうなゲームですが、とっととエンディングまで行って終わらせたいので爆速でやってます。今は中盤にさしかかって、ストーリーの謎とか明らかになってきました。

そしてそんな最中、家族から実家の墓参りに行くぞと言われた。
何という空気を読んだ家族。
この年になってビクビクしながらご先祖の墓に参っているのは自分だけであろう。

墓地のすぐ隣にラブホテルがあるんです。たぶん何十年も前から。
お墓参りのたびにそれをボーっと横目で見てたのですが、
もしかしたら死をつかさどっている場所のすぐ横で、新しい命が授けられているのかもしれず
そう考えると人間って逞しいなぁと、改めて思ったのでした。


とりとめのないことを書きましたが、新曲も鋭意制作中です。
前作の反動で次はポップになるはず!


23:57  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.08.04 (Wed)

零 ~月蝕の仮面~

先日友人の家で何人かと夜から飲み始めたのですが、
ひとしきり会話も落ち着いて夜中になり、次は何をしようかねぇ・・という状況になりました。
部屋を見渡せばwiiが、マリカーとかスマブラとか。
すかさずwiiやろうぜーと言ってみたところ「夏といえば涼しくこれっしょ!」といってこんなソフトを出してきました。

零 ~月蝕の仮面~

・・・怖そうなゲームではないですか。
「当然、部屋真っ暗で爆音でプレイな」
まじで・・
「ろうそくは点けとこう」

というわけでやってみたのですが
要するに舞台は夜の廃病院、バイオハザードのゾンビが幽霊に、武器が写真機になったようなゲームです。幽霊を写真に収めると封印できる(ダメージが与えられる)という仕組み。

・・怖かっ、た、です、よ。
病院内は薄暗くて不気味なとこしかないし、ほぼ主人公視点なので振り返ったら霊がギャー!みたいなこともあって。
何より「爆音でプレイ」で無駄に怖さ倍増。音量上げてるとゴゴゴゴっていう地鳴りが聞こえて、怯えます。

最初は何だこの罰ゲーム状態で始めたのですが、なんだかんだで続きが気になり、敵を倒すシステムにも慣れ、気付いたら没頭。そしてまた気づくと自分以外全員寝てたので急に心細くなり寝ました。

それ以来、このゲームが気になってしょうがないです。借りるか・・でも独りこわい・・


全く関係ありませんがHIFANAパネェです。どうなっとるんだこの指先は。

22:25  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.07.21 (Wed)

配信とか夜遊びとか


若干の夏風邪気味です。。3連休はしゃぎすぎたからでしょうか。
街はどこもかしこもギラギラしていました。

さてさて、piaproさんからの配信第2弾の話がひっそり進行してます!
月末に配信開始する予定なのでその時はまたお知らせします。
今回は「s」とインスト2曲という構成で、けっこう激しめ。エレクトロニカニカしい感じです。

配信にあわせてニコニコ動画にも1曲投稿する予定なのでまた見てやってくださいね~。


昨日はクラブ行ってきました
http://www.metro.ne.jp/schedule/2010/07/19/index.html
otographとHidenobu Ito目当て。
いろいろ個性的なクリック・ノイズ系電子音の人たちが集合してて、僕の好みど真ん中です。

otographは凄く凄くいいので広めたい!
saitoneと同じく、何でこんなに知名度が低いのか謎です。


あと非常に面白かったのはPsysExさんのユニットで、
iPadを8枚天井から吊って(間隔を空けて縦2×横4という図)
そこにデジタル映像を流してました。いい感じで未来であった。



00:07  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。