05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.28 (Mon)

Silent Cityについて2



皆さんコメント&マイリスありがとうございます!
そして歌詞間違い失礼しましたm(__)m
動画の完成にテンションが上がってチェックし忘れなのがバレバレという。
piaproにmp3とカラオケupしたのでどうぞ。

学生の後輩と飲みに行ったらテンションに当てられて社会人とは思えないはしゃぎっぷりを発揮し
未だ年賀状を出せてないですが、放っといて記事を書きます。



曲の説明パート2です。

   

説明以外にミクやイラスト全般の私見が入って長くなってしまいましたが、読んでもらえると幸いです。

・ミクさんの調整
毎回なんですが、曲作りの際ミクの調整にかなり時間を取られてます。

自分が思うに、人間の声に比べてミクさんの声は音の成分が少ない気がするんですよ。
倍音?っていうんでしょうか。あんまり知らないけど。
人の声は解析ソフトで見てみたら低い成分から高い成分までいっぱい含まれてるんです。
対してミクさんの声は凄くシンプルなので、僕はコーラスとかEQとかいろいろいじって声を派手にしてます。
(たぶん他のPのみなさんもいろいろ工夫してると思います。)

僕はミクさんを使うとき毎回、人の声と違う違和感をなんとか消せないものかとむんむん悩んでるのですが
曲ごとに最適だと思う声が違うので、新しい曲を作るたびに1からやり直しです。自動でやってくれるソフトはどこかにないのかー。
今回は漂う感じを重視しつつ、存在感もあるような声がよかったので高い音の成分を増やしたのですが
増やしすぎるとキンキンしたり音が割れたりして、それとの戦いが激しかったですね。
値を10だけ上げて、あーまた音が割れたー今度は9にして・・  みたいな。地味作業です。
次の曲は・・また全然違う曲調なのでまた新たなミクさんの声を探さないといけませんー。。



・イラスト
イラストはかねてから追っかけていた富岡二郎さんにお願いして、描いていただきました。
こちらの突然の依頼を快諾してくれて、まじすか!って感じでした。

二郎さんを知ったのはpixivを徘徊してて出会ったこの絵がきっかけ


僕は大友克洋や森本晃司のゴチャゴチャした未来感や、村上隆なんかのアニメを下敷きにしたポップアートとかに目がないのですが
まさにそのアンテナがピンと反応するイラスト。
直線と円のバランスが素敵です。
そして特徴的なのはイラストの塗り。アニメ経由で認知された平面的な色の魅力がとてもよく抽出されていると思うんです。

僕は動画で使うイラストとして未来チックなものを探すのですが、未来というといわゆるサイバーな感じを題材に描かれることが多いです。
でも自分の曲はサイバーというより何だか丸っこいコロコロした要素が入ってしまってるので、微妙にイメージと合わないことが多いのです。
富岡二郎さんのイラストは自分の目指す音の質感にぴったりで、これだー!ってなりました。



曲の説明は以上です!ここまで読んでくださってありがとうございました。


ふわふわしすぎたので、次回作はもうちょっと固めの音になると思います!



スポンサーサイト
19:37  |  曲作り・活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://effel.blog11.fc2.com/tb.php/6-0cc4c60a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。