08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.05.06 (Fri)

Hyper Light Drifter

久しぶりの更新がゲームの話て!

数年前はポケモンとか零とかに熱中したこともありましたが、今やすっかりゲームをやらなくなりました。
ただこういうページ(http://jp.automaton.am)とか見てて、最近インディーゲームって面白いなぁと。音楽もグラフィックも内包してるし、製作者の個性がいろんな形で出ていて気になる。

そんな感じで長い間気にはなってたんですが、ついに一つ作品に手を出しました。Hyper Light Drifterというゲーム。これが個人的にすんごい素晴らしかったので記事に書きます。
というかこのゲームの日本語の感想が検索してもあんまり出てこなくて悲しいので自分で書くというのもある。誰かと共有したい!


ゲームの概要はこの辺りにだいたいあるので割愛。
http://www.moguragames.com/entry/hyper_light_drifter/
2Dのゼルダみたいな操作で、剣と銃で敵を倒して進んで行くゲーム。グラフックを含め雰囲気が良さそうだなーと思って購入しました。

細かい所は省略しつつ、
このゲームの良い点は後で書くとして、最初に悪い点、というか個人的に困った部分を出しときます。

・Steamでのゲームの買い方にとまどう
最近のゲーム事情をすっかり知らないので、まずこのゲームの買い方から調べるという有様である。 Steamというアプリを入れて、そこ経由でクレカやpaypalで買うシステムなんですね。音楽みたいにゲームもネットでデータを購入するようになってる..脱パッケージ時代…というのを今さら実感したのだった!

・操作全般で説明不足
これは良い点にも繋がるのでしょうがない部分ですが、このゲーム、文字で説明される場面がほぼありません。住人との会話も全てイラスト表示という徹底ぶり。日本語未対応だけどしてても関係ない。
その上ストーリーもぼんやり描写されるくらいなのでどこ行けばいいのか、何を集めればいいのか、その辺は冒険しながらだいたいの雰囲気でつかまないといけません。マップの見方やパワーアップ要素のシステム等の実用的な部分もイラストから察する必要があります。そういう不親切が嫌な方はつらいと思う。
隠し通路がめっちゃあるゲームなんですが、最初そういうゲームだと全く気づかずめっちゃスルーしてた。

・ムズイ
ゲームやり始めて難しさにびっくり。紹介動画とか見て想像してたのより、しっかり難しかったです。
ステージのトラップも割と難しいけど敵の攻撃が熾烈。序盤から割と何回も死にます。洞窟物語の某裏面を思い出しました。
ボス戦は初戦だと普通に3秒で殺されることも多くて、こんなのどうやって倒すんだ感が凄くて笑っちゃったんですが、何回もチャレンジしてるとそのうちクリアできる不思議。

・サウンドに圧迫感があって疲れる
個人的な感想かもしれませんが、このゲームのBGMは迫力があるものの、静かなパートから音が急に大きくなったり、地鳴りのような重低音が入ってきたりすることが多いので、ちょっとびっくりするというかホラー的な圧迫感がある。あと敵が近づいてくると足音が聞こえてくる(カタカタ...とか)演出もあって、ますますホラーゲームやってる心境になって疲れることが多かったです。もうちょいダイナミクス小さめでもよかった気がする。


では良い所いきます!

・世界観
ナウシカの巨神兵のような大戦で世界が一度崩壊し、ラピュタで登場したような「機械文明が活動停止して緑で覆われた静かな世界を探索する」という好きな人にはたまらん雰囲気。そして独特の色使いの16bit風のグラフィックが綺麗です。静かな森の中に巨神兵の残骸があったり、荒廃した遺跡を駆け回ったり。そういうの大好きなので最高でした。

・文字での説明が一切ない
先述の通り文字情報がない上、親切にストーリーを説明してくれる人もゲーム中にいないんですが、世界各地にいろんな景色とか「何かがあった跡」みたいなのがあって、プレーヤーがこの世界で何があったのか考察できる余地がたくさんあります。んで、正解が示されていないので人によっていろんな解釈が出てくるという。

「零」っていうホラーゲームがめっちゃ好きなんですが、あれも直接ストーリーを語らず遺留品から昔の事件を想像させるところに良さを感じてて、結局自分はそういうの大好きな人ということなんですね。裏設定大好き人間。

海外の掲示板とかではHyper Light Drifterの世界観の考察が盛んになされているようで、有志の解読によるとゲーム中のモノリスが英語に翻訳出来るらしい。。すごい。。そこまで制作サイドは設定作ってたのか。
読めない英語を必死に読んで考察サイト巡りしてます。

あと単純にゲーム中の移動とか武器選択とかの操作に知ってる言語が介入しないのは異世界を感じられたり、手探りで考えながらゲームする面白さがあって良いなぁと思う。
この辺、ICOとか好きな人には通じる所かも。


・ムズイ
「悪い点」で挙げてたじゃん!っていう話なんですが、個人的にはこれくらいの難易度が面白かったです。
主人公、どんなに頑張ってもライフゲージが増えないので敵の中につっこむとすぐ死にます。回復薬があるんですが、使う時にスキができるので敵から離れて使わないとその間に死にます。要するに「敵の中につっこんで回復しながらごり押し」という戦法がとれないので壁に隠れたり敵との間合いを取りながら慎重に戦う必要が出てくるんですが、これが緊張感があって面白かった。昔の大抵のアクションゲーは(敵との戦闘に関しては)ごり押しで行ける部分が多かったので。

・BGMの形式
このゲーム、BGMはアンビエント系で、たまにビートが入ったりするんですが基本ウワモノのパッドがずっと流れてて、敵と戦闘になるとビートが入ったり、不穏な場面になると重低音が重なって来たりと、音色の重なりで変化をつける構造になってます。エリアごとに基本のメロディが何種類かあって、ずっとループしてる。
最近のゲームはこういう型式もあるんでしょうか?初めて体験したのでとても新鮮でした。ループミュージックの構造が活かされてて面白い。

ちなみにサントラも出てます。
http://music.disasterpeace.com/album/hyper-light-drifter

以上、感想はこんな感じです。
今はモノリスとモジュールは全部集めてエンディング見終わり。ストーリー関係の海外の考察サイト巡るの楽しいです。
一部のやりこみ要素はちょっと難し過ぎて心が折れそうなので(サッカーとか敵ラッシュとか..)、それ以外の部分をボチボチ埋めようと思います。

とりあえずHyper Light Drifterおすすめ!


スポンサーサイト
00:53  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://effel.blog11.fc2.com/tb.php/128-3bf966c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。