09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.07.28 (Sun)

max for live の小技メモ(トラック間とか)

max for live liveで気づいた小技をメモします
(初心者の立場からなので役に立たないかもしれません)


□send、recieveオブジェクトは別トラックのパッチ間でも通信できる
m4lでエフェクター作って、別のトラックからmidiで制御しようと思った時に気付きました。
send、recieveの名前を同じにしとけばトラックまたいでも普通に信号送れます。便利!
track1に(notein)→(s midi1) みたいなパッチを置いて、track2に(r midi1)→(操作したいオブジェクト)
にすればtrack1で鍵盤を引いてtrack2のパッチを操作~とかできます。
他には音量のアタック検出のパッチ(http://akihikomatsumoto.com/blog/?p=826 これとか)をtrack1に置けば
track2をtrack1の音量で操作したり、いろいろできそうです。
ただ問題なのは、同じ名前のsend、recieveオブジェクトが別トラックに複数あると、信号が全部行ってしまうことですね。
僕の場合、send、recieveを使ったパッチを別トラックに何個か置いたら信号がわけわからなくなりました。
この現象は次に紹介するテクで何とかできそう・・かも。


□同じパッチを別トラックに置くとき、オブジェクト名の前に---をつけると重複しない
これ個人的にかなり重要でした。
例えばサンプラー的なパッチを作るとしてbuffer~使いますよね。(buffer sample1)とか名前付けて、wavファイル読み込んで使ったとします。で、別のトラックに同じサンプラーのパッチを挿入します。
そうすると挿入したパッチの中にも(buffer sample1)があるので
すでにさっきのwavファイルが読み込まれてるんですよ。別の音を読み込ませたいのに。こりゃどうすりゃいいんだー。
解決策が見つからず、しばらくの間bufferの名前変えたパッチを5つくらい作って1つづつ使い分けてたんですが、M4Lの既成パッチを眺めていてようやく気付きました。

オブジェクト名の前に---がついてたんです。例えば(buffer ---sample1)という感じで名前をつける。ちゃんとした説明を見たことがないので正しい使い方はわかりませんが
どうやら---というのが3ケタの数字という意味なのか?同じパッチが挿入されるたびに前と異なる番号が振られて(buffer 001sample1)(buffer 002sample1)(buffer 003sample1)
みたいになってると予想。同一パッチ内の数字は同じになってるから大丈夫っぽい。
忘れがちだけど(buffer ---sample1)使ったらset ---sample1という感じでbuffer関係の命令も同じにしておかないといけません。
先ほどのsend、recieveの重複の件も(send ---midi)(recieve ---midi)で回避できそう。(こっちはまだ検証してないので未確認)

というか、公開されてるmax for liveのパッチで皆さんこのテクをシレッと使ってますが、どこでみんな見つけたんだろう。ネットで検索しても引っ掛からなくでだいぶ苦労しました。
比較的情報が多いmax/msp関係のサイトだと単体のパッチを使うのがメインだからなのか、そういうトピックは見当たらなかったし、max for liveに同梱されているチュートリアルとかを見れば載ってたのかな。


□max for liveチュートリアルやtoolsを活用
max関連の情報をひたすらネットの検索で調べてたんですが、最近ソフトについてくるチュートリアルがとても分かりやすいことに気付きました。
チュートリアルの場所は↓を参考に
http://cycling74.com/docs/max5/vignettes/core/live_resources_tutorials.html
チュートリアル自体というか、それに使われてるパッチを開いてみると各オブジェクトの説明が横に書いてあったりして勉強になります。
シンプルでパーツ的なものが多いのでそのままコピペで自分のパッチに使えますね。
パーツといえばmax audio effectのtools内、building blocksというフォルダのパッチも、機能別に分けてあって参考になります。
もっと凝った作品だとPluggoのフォルダにあるパッチもたまに説明が書いてあるので意味が分かりやすい。(でもほとんど分からぬ)

以上、まとまりのない文章で申し訳ないですが書いてみました。
分からない点などあればコメントとかtwitterで質問してくださいね~。
スポンサーサイト
23:29  |  max for live  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://effel.blog11.fc2.com/tb.php/122-cce49502

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。