07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.06.28 (Fri)

max単体に比べてmax for liveが便利だと思うこと


最近googleの検索で「max for live」を入力すると当ブログが1ページ目に来ることが判明したものの
肝心のmax関連の投稿が少ない!ということで何かしら情報を書こうと思います。
とても初歩的なことばかりですが誰かの役に立つと信じて。
主に今までmaxを使っててmax for live導入を考えている方向けになるのかも知れません。


1.パラメーターの記憶ができる
max単体のオブジェクトでつまみとかフェーダーとかいろいろあるんですが、数値を変更した後プログラムを終了すると初期の数値にまた戻ります。プリセットバンクを作って終了前に記憶させないといけません。
しかし、max for live専用オブジェクトのlive.dialやlive.sliderを使えば、liveのプロジェクトをセーブする度に数値を一緒に記憶してくれるので、プリセットバンクを使用することなく前回終了時と同じ値を読んでくれます。
特に僕が便利だと思ったのは、live.drop。 最初M4Lでbuffer~を使う時、毎回replace押してファイル読んでてて面倒くさいなーと思ってたんですが、「live.drop→replace $1→buffer~」という感じでつなげれば、dropで読み込んだファイルを記憶してくれます。


2.maxのパラメーターをエンベロープとかLFOとか鍵盤で簡単操作
操作したいmaxのパラメーターをlive.dialとかlive.sliderにすれば、liveのエンベロープ一覧に表示されるので、アレンジメントビューやmidiクリップでエンベロープ描いたり、live付属のLFOで周期的に数値変えたりできます。当たり前といえば当たり前なのですが、僕のようにmaxのシーケンス的なプログラミングまで知識が及んでない人にはとても有り難い。というか、こっちでいいかー状態。
個人的によかったのは、midiinオブジェクト使い、鍵盤を押すことでbuffer~のサンプルを再生しつつ、maxのパラメーターを音程で操作するように設定すること。こうしていると、鍵盤をいろいろ弾くことでサンプルの音色の変化がすぐ確認出来てアイデア出しに重宝してます。
(自分にとって音色の変化を聞きながらアイデアを膨らませる事がとても重要なのです!)


3.大概の機能は他のエフェクターに頼れる
これはもう当たり前なんですが、わざわざ一つのパッチにいろんなエフェクターを実装しなくても後で他のプラグイン入れればいいし、小規模のパッチ作るだけで息切れ状態の自分にとってはできるだけ他で頼りたい。特にディレイとかリバーブとかは未だにmaxでの仕組みがよく分かってないので、既存のプラグインでいいやーってなってます。


というわけで、また思いつき次第書いていきます〜。
スポンサーサイト
01:10  |  max for live  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://effel.blog11.fc2.com/tb.php/121-64f89834

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。