04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.31 (Mon)

高2病


クラムボン新アルバム発売!
JAPANESE MANNERという曲が凄いです。PV↓ ぜひぜひ。
JAPANESE MANNER
歯車が狂ったこの世界をケラケラ笑ってる感じが凄く絶妙。
そしてPVの女の子がかわいい。

土岐麻子、新アルバム発売!
まだ買ってないですが、タイトル曲↓ 聴いてます。
乱反射ガール
こういう自由で柔らかい4つ打ち作りたい。
土岐麻子さんはその昔cymbalsというバンドのボーカルをやってまして、もうすんごい好きなバンドでした。今はもう解散しちゃってるのですが。。


と、
そんな前振りを受けまして(?)

唐突に始めたいと思います、僕の音楽遍歴・高校編ー!

中学時代テクノとの衝撃の出会いがあった僕ですが、高校時代に知って大好きになった音楽といえば
「クラムボン」「cymbals」「スーパーカー」「くるり」の4組。完全に僕の青春です。
この4組に共通して言えるのは「キャリアを通して音楽性がいろいろ変わってるけど全部好き!」ってことでしょうか。

クラムボンとcymbalsはラジオで同時期にプッシュされてて、どっちもピアノが主役の割と激しいバンドサウンドだったので聞き始めました。当時自覚してなかったけど、元々女の子がキャンキャン歌うパンクとか好きだったのでそういう要素も感じたんでしょう。
スーパーカーとくるりは丁度この頃電子音寄りの音になってたのでそれが入り口になった感じです。レイハラカミを知ったのはくるりが流してたラジオでした。

とにかく両者の出す青い感じ。青い春な感じにやられまくりでした。聞きながら自転車で爆走して心のもやもやを吹き飛ばしたことが何度あっただろうか。
いや、今でも同じようなことしてるような・・

他にも渋谷系とかパンクとか、主に邦楽でいろいろ繋がっていった感じです。
電子音楽の遍歴のほうも裏で着々と進行してるのですが、それはまたの機会にしますね。

cymbals聞いたことない方は是非聞いてみてください。レンタルCDで結構あるはずなので。
解散して何年も経ってるのに、この高揚感は未だにcymbalsでしか味わえない。



最後に、
最近では韓国のPeppertonesというバンドが、cymbals~クラムボンの僕の好きな所をまさに抽出したようなサウンドを奏でていて凄く良いです。韓国語に違和感を感じない方はぜひ。


スポンサーサイト
20:40  |  音楽(非ボカロ)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。