04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.25 (Sat)

フラメンコ

近所の100均でホウキとちりとりを買い、自転車でそれを担いで帰りながらDJ KAWASAKIを聴いているという、ミスマッチ極まりない最近です。

アルバム買ったのにこの曲ばっかりリピートしてます。


ひょんなことから生でフラメンコを見まして
あのスペインの、女の人が踊るアレです。

何となくテレビで見たことあるくらいだったので、踊り子が足をダカダカ踏み鳴らしながら回ったりするイメージしかありませんでしたが大体間違ってなかった。でもカスタネットはありませんでした。
実際見ると凄い迫力で終始見とれていました。
特に足のビートが半端なく激しくて複雑。1小節にどれだけ刻むのかというくらい叩いてるし、ビートの入れ方も小節の裏から入れまくってたし、踊るのにかなりリズム感が要りそうです。
そしてもう一つ印象的だったのが踊り全体から伝わる女性の強さというか、「私が一番よっ!」「欲しいものは意地でも手に入れてやるわよっ!」みたいなエネルギーを感じた所です。スペイン語なので歌のストーリーは分からなかったですが、そんな女性像が目に浮かびました。

ここでふと思ったのは日本の踊りとの対比です。
女性が主役の踊りという点で自分が真っ先に浮かんだのが「能」でして、他に違う例があったかも知れないですがフラメンコと比べると対照的ですよね。
能はビートゆっくりでほとんど無いくらい。リズムより場の空気感に重きを置いているし、何というか「直接目に見えないもの」を表現していることが多いと思うんです。
テクノで言うところのアンビエントに近い。僕は日本人の作るアンビエントやエレクトロニカが凄くいいなぁと思うことが多くて、半ば日本人の得意技みたいに感じたりするのですがそういう昔からの表現方法が染み付いているのかなと思ってます。
対してダンストラックに関しては海外の方がガツンと来ることが多い気がします(今は日本でも遜色ないですが昔はもっと顕著だったような)。そりゃこんな激しいリズムで踊ってるだけあるわー。

要するにどっちが優れてるという事ではなくて、一見グローバルなイメージの電子音楽にもお国柄で特徴があるのって面白いなーということが言いたかったのでした。


スポンサーサイト
23:15  |  空想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.03.22 (Mon)

絵画の庭


めっきり春めいてきまして、無闇やたらとテンションが上がってます。

天気もいいし、暖かいし、何といっても今年は花粉が鼻を刺激しません。
何故なんだ、去年はかなり死んでたはずなのに。先週あたりムズムズして気配があったのに。今週になってぱったり止みました。
飛散量?

というわけで以前日記にも書いた展覧会に行ってきました。
ゼロ年代の画家たくさん。実に面白かったです。
自分の好きな絵柄はもちろんのこと、絵画に対するアプローチが本当に人それぞれで最後まで興味をそそられっぱなしでした。

音楽でもそうですが今のアートって先人の作り出したジャンルとか手法が確実に下敷きとしてあるわけで、しかもその影響は何年も前から続いてるので、様々なジャンルがごっちゃになって入り込んでる状態だと思うんです。
しかしだからといって新しいものが出てないわけじゃなく、逆にいろんな影響が混ざりすぎちゃって判別がつかなくなり、アーティスト個人の趣味とか思想も相まってもう何だか形容しがたいけれど強烈に「この人にしか出せない!」っていう個性を発揮してる作品が多くて、そこが面白い。
音楽でも絵でも、ジャンルの一言で括れないものが多くなってワクワクしますね。分類には困りますが。

あと、漫画・アニメ・ゲームの影響。ほとんどの作品にあった気がします。
まず何かしらのカワイさがあるし、少し狂気をはらんでいるような現実に地続きの非現実な世界感観が感じられました。
もちろん自分も影響受けまくりなので、そういう要素があるだけでかなり食指が動くってもんです。


ぐだぐだ書いてしまいましたが音楽も作っております。
配信用に新しく曲を作ってまして、あと少しで完成です。
ニコ動に投稿する曲もいじってます。
夏曲冬曲ときて、春曲を考えてます。春が終わらないうちになんとか・・・!

21:28  |  空想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.02.02 (Tue)

平均値


二郎さんのイラスト見て感じたんですが人の服装って90年代、00年代と進むにつれ小奇麗に、しかし無難になっている気がする。
技術が進んで、世界のどこでも覗けるようになって、見知らぬ人達と価値観を共有できるようになって、
得られるものは果てしなく大きいんだけど、自分の中で他人の世界が広がりすぎてどうしても気になる。
気がついたら皆の「平均値」に吸い寄せられてしまうことってあるよなぁ。と。

だから逆に今、他者に絶妙な共感を覚えさせる方法・感動のさせ方については凄く進化していると思うのです。
でもやっぱり自分が凄ぇ!と衝撃を受けるのは新しい感覚に出会ったときなんですよね。

たまには自分なりに世界観を煮詰めてみるのも必要かなと思ったり。

22:30  |  空想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.01.23 (Sat)

絵とか


今日は2週間投げっぱなしだった部屋を片付け、髪も切ってすっきり。
換気扇のフィルターが驚きの黒さでびっくりしました。

えー、突然ですが美術館とかよく行きます。
pixiv経由で絵描きさんのブログをちょくちょく見るんですが、美術学校の学生だったりどこかのデザイン科の方だったりが多く、日々アートと関わりがある生活がうらやましくてしょうがない。なぜ自分はそういう進路に行かなかったのかと!

とか言いつつ自分が芸術で飯を食うなんて到底無理なのでそんな気はさらさら無いんですけどね。今の進路も面白いしある意味テクノだし(?)

ただ同じ趣味の人間が集まりにくいのが残念。音楽はまだいいとして、絵とか映像で活動してる人は滅多に出会えない。服飾も同じく。
理系の進路だから余計なのかもしれませんね。
というわけでネットを介していろいろ繋がりたいところなのです。頑張ります。


近くで面白そうな展示をやってるのでまた見に行こうと思います。
[ 絵画の庭─ゼロ年代日本の地平から ]

20:43  |  空想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。